プレイズソンググループ「ラ・ヴィーニュ」の代表せいさんがゴスペルに関する個人的な想いを綴ります。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
伝道?
2009-06-10 Wed 06:44
私はクリスチャンですので、教会では奉仕を行っています。私の場合、伝道委員会という委員会に属しています。先日、伝道とはなにか、伝道委員会の役目はなんだろうということで、ディスカッションをしました。
結論はでない議論ではあるのですが、私にとって伝道とはなにかを深く考えさせられました。ラ・ヴィーニュも私にとっては伝道のひとつの方法なのだということを再認識しました。
でも、ラ・ヴィーニュにはいろいろな人が集まっています。私が伝道をするための場だということは、クリスチャンでない人に取ってはどうでもいいことかもしれません。でも、それでもいいと思っています。神さまは、それぞれにそれぞれの思いにふさわしいラ・ヴィーニュという場を与えてくださいました。それが即伝道につながらなくても良いと思います。ただ楽しいだけでもいい。その人たちの気持ちは大切にして、私の伝道に少しだけ力を貸していただきたい、とそんなことを考えました。
私の伝道をするからには、私の心から発するものが必要です。つまり、私のことば、私の音楽で伝えると言うことです。
我がディレクターも自分の音楽、言葉でキリストの心を伝えようとしています。私もそれに習って時間を何とか作って、オリジナルのゴスペルソングを追求していきたいものです。
スポンサーサイト
別窓 | ゴスペル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ゴスペルメモ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。